2011年4月19日火曜日

『真夜中の図書館/図書館を作る―市民・企業・行政』

辻 桂子(2006)「真夜中の図書館/図書館を作る―市民・企業・行政」郁朋社


図書館のない自治体に住んでいた著者が、「市民による市民のための図書館」を作るために立ち上げたブログをもとにした本です。
著者はそのために図書館司書資格、生涯学習アドバイザー資格を取得されたということもあり、単に利用者目線で所望するサービス内容が書かれているのみならず、必要な職員、機能、資料や、資金計画やビジネルモデルを含む経営計画が記されています。

後半は、著者の理想の図書館「真夜中の図書館」について、いち利用者である「僕」が日記形式でつづるというおもしろい様式になっています。
そこにつづられる図書館の在り方は、ただ単に本を提供する場所としての図書館とは一線を画した、地域に根差したカルチャーセンターのような場所です。
絵本美術館が併設されていたり。企業が専門図書館をつくることができたり。読書会の日に、野外音楽会やフリーマーケットが開かれていたり。と、まさに自由です。

この理想図書館は、必要とする情報がすべて入手できる場所というだけでなく、利用者が情報を発信する場所としても機能しているところが、現実の図書館とは大きく違うところだと思いました。
利用者が情報を発信するということは、図書館で利用者と本がつながるだけでなく、利用者同士が直接つながることもできるということです。
資料自体はオンラインでみられることも増えていく中、図書館のそういった機能は重要だと思いました。

その他、気になったキーワード・・

・PRライブラリアン

「PRライブラリアンは広報担当として図書館の存在価値をマスコミや市民へアピールします。プロフェッショナルな感覚で読まれる広報紙を発行し、政治や行政や市民の生活の中に出かけて図書館サービスを展開し、図書館サービスを営業します。図書館の力を具体的にアピールし、必要性を高めることで図書館の発展を目指します。」

75ページより。サンフランシスコ公共図書館にはこのような司書がいるようです。

気になった引用文献・・

・上山信一, 稲葉郁子「ミュージアムが都市を再生する」
・竹内悊「図書館のめざすもの」

2011年4月10日日曜日

『赤ちゃんと絵本をひらいたら : ブックスタートはじまりの10年』

ブックスタートという言葉は耳にしたことがありましたが、赤ちゃんと本に関する何か・・というくらいの認識で、詳しくは知りませんでした。
最近たまたま近所の図書館でそれについて書かれた本を見つけたので、読んでみました。

ブックスタート(2010)『赤ちゃんと絵本をひらいたら : ブックスタートはじまりの10年』 岩波書店


・ブックスタートとは、「すべての赤ちゃんに」、「温かみの伝わる方法で」、絵本を手渡す活動のこと。

・もともと1992年に英国バーミンガム市で始まり、日本はそれに続いて2000年から活動を開始。1795の市区町村のうち、727市区町村で実施。(2009年12月末 NPOブックスタート調べ)

・「すべての赤ちゃんに」・・・自治体が中心となり乳幼児健診等で実施することにより、すべての赤ちゃんを対象にすることができ、ふだん本に接する機会の少ない親子にもアプローチすることができる。

・「温かみの伝わる方法で」・・・絵本を無償で配布することが目的なのではなく、手渡す際に赤ちゃんが絵本に示す反応や、配布側と親子のふれあいそのものなどを大切にする。

・図書館、保健センター、子育て支援担当部署など、通常関わることの少ないセクターが協力してで行うところに、実施の際の困難もあった。ボランティアによる協力も欠かせないものだった。

・日本で実施するにあたっては、ブックスタートにより赤ちゃんの学力が向上するなどの、直接的な教育効果をねらうものではないことを再確認。それよりも、”Share books”--本をともにひらき、その温かい時間・体験を共有する--ことを大切にする活動である。



読書推進というよりは、核家族での子育てに苦労する親へのサポートという側面が大きい活動のようです。自分も今、日中は娘とふたりで過ごす毎日で、こういった地域の取り組みに助けられることも多くあります。
本が人をつなぐ(赤ちゃんと親、親子と地域の方々、など)力が、こうやっていろんな形で生かされるといいと思います。(図書館職員としてはそういう企画をしなくちゃだめですね)

2011年4月5日火曜日

はじめてのおはなし会

娘がうまれて、絵本を手にとる機会が増えました。
絵本を借りられる場所が近くにいろいろとあることもわかりました。
先日、そのうちのひとつ、「Seer 本のひろば」で開催された絵本のおはなし会に行ってきました。

すべては覚えていないのですが、そのとき読んでいただいた絵本は↓です。

★ふわふわくんとアルフレッド (岩波の子どもの本) ドロシー・マリノ、 石井 桃子 (単行本 - 1977/6/24)

★ちいさいきかんしゃ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本) ロイス・レンスキー、 わたなべ しげお (単行本 - 1971/1/25)

★いっすんぼうし (日本傑作絵本シリーズ) いしい ももこ、 あきの ふく (ハードカバー - 1965/12/1)


0歳の娘には内容を理解してじっと聞くなんてことはできず、終始手足ジタバタしてましたが、一緒に遊びに行ったという感じで楽しむことはできた・・かな??

どちらかというと親のほうが、「こんな絵本もあるのか~」「こんなふうに読むといいのか~」と勉強になる部分が大きいのかもしれません。
「いっすんぼうし」は、小さい頃家にあった絵本で、すごくなつかしかったです。





<Seer 本のひろば>
Seer 5F

〒658-0051
神戸市東灘区住吉本町1-2-1
 
貸出期間&冊数:2週間、3冊まで

月に1回、おはなし会も開催されています。
「おひざの上の絵本の会」
次回は4/26 10:30-11:30 申し込み不要 参加料100円