2014年12月29日月曜日

『雪のひとひら』 ポール・ギャリコ

雪のひとひら (新潮文庫)
雪のひとひら (新潮文庫)


装丁借りしてしまった本。
各ページにふんだんに描かれた挿絵が贅沢で、いい味。

雪のひとひら(性別は女性)の一生が本人の視点で描かれるのだが、合間で展開される哲学的思考といい、静かで穏やかな情景の数々といい、「うっとり」できる要素が満載の本。

雪のひとひらは幾多の試練や楽しい日々を通り抜ける中、伴侶にも出会い子供も設け、それは人の一生となんら変わらない様子。

その自分のおかれた境遇を、その時々で客観的にみつめる雪のひとひらを通じて、人間の普遍的な悩みやそれを克服する様子が描かれている。

「葉っぱのフレディ」と同じ系譜の本かな?

葉っぱのフレディ―いのちの旅
葉っぱのフレディ―いのちの旅




『デッドライン仕事術』 吉越 浩一郎


デッドライン仕事術 (祥伝社黄金文庫)
デッドライン仕事術 (祥伝社黄金文庫)
 

夫は私と読書傾向が全然違うが、たまにすすめてくれるものを読むとそれはそれで面白い。
今回読んだこれも、仕事の志気をあげるのによい本だった。

要旨は、下記2つの点にしぼられる。
  • 1日の仕事に締め切りを設ける(=残業をしない)
  • 各仕事の締め切りを確実に儲ける(できれば翌日、長くても1週間)

この方はトリンプの社長として上記のことを社員に実践させ、その結果業務時間は減る一方で増収増益となったとのこと。

そのための具体策としておもしろかったのは

  • 「がんばるタイム」として、会話や電話をいっさいせず集中して仕事をする時間を設ける(12:30-14:30の2時間)

また考え方としては、社員同士での「目標」や「情報」を共有が重視されていて納得。
それらが共有されていないとスタート地点が違い、コミュニケーション不全に陥りやすいという。

自分が現状できることは自分で自分を管理することくらいだけど、意識的にやってみたい。





2014年12月23日火曜日

『ケストナー―ナチスに抵抗し続けた作家』クラウス・コルドン著

好きな児童文学作家、エーリヒ・ケストナーの伝記を近所の図書館で見つけて読んだ。

ケストナー―ナチスに抵抗し続けた作家
ケストナー―ナチスに抵抗し続けた作家

こんな批判精神のある人で、児童文学はむしろ人にすすめられて始めたもので、もともと評論とか詩とかを書いていた人だった(詩の位置付けが今の日本とかと少し違う感じ)とか、第二次世界大戦中にも反政府ながら亡命せず母国に残り続けた作家だったとかを知って、驚いた。

これから作品を読むときも読む目がかわりそう。
大人向けの作品もいろいろ読んでみたくなった。

あと伝記ってあまり読んだことがなかったけど、その人物だけでなく背景についても頭に入ってくる。面白かった。

職場の大学図書館で書架整理してたときも伝記の棚は動きが少ないなと思ってたが、大学生とかのときに読むと知見がひろがるだろな。

2014年12月20日土曜日

絵本持ち寄り会

今日は絵本サークルの絵本持ち寄り会、大人5人+こども7人でした。

集まった絵本↓


季節感のある絵本が集まり、今回はわりとおちついて4冊よめました。
そのあとこれからの予定、お菓子の家作る?とか、おでかけ企画?とかいろいろ話せてよかったです。

自分が持参したのはこれで、絵がかわいいのとお話がおもしろくすごく気に入って、古本屋さんで買ったものです。


ほかにこれも面白かったです。

「ゆきのひのどうぶつえん」

絵本を選ぶ目を養いたいと思ってたけど、結局あるのは良し悪しというより好き嫌いかなーという結論にいたっています。。
子供もすごく好きな絵本を見つけられるよう、たくさんの選択肢を用意したいなと思います。



2014年12月19日金曜日

”The snow day” 酒井駒子

今日は保育園のクリスマス会後、お友達と遊んで、本屋→図書館へと向かった。
以前は本屋でも図書館でもせがまれるままエンドレスに読んでへとへとになったけど、最近は外で読むのは5冊までと決めてそれを守ってくれるようになり、楽になった。
4歳になった娘は、簡単な絵本は私に読んでくれたり、だいたい毎日食後は絵本を黙読している。
読み聞かせは1日2冊寝る前に、が基本。
自然と本好きになってくれたのは、うれしい。

たまたま今日図書館で手にとった絵本がきれいだった。
酒井駒子さんの"The snow day."
何か教えようとかしていない絵本のほうが最近は心ひかれる。
ただそれだけ、なにかの一場面、たた時間がすぎていくのを切り取った、というような。
近所の図書館ではたまたま洋書を手に取ったけど、日本語版が先のよう。(そりゃそうか)
また手にとってみたい。



◆絵本「ゆきがやんだら」(作絵:酒井駒子)がニューヨークタイムズ紙「今年の絵本ベスト10」、ニューヨーク公立図書館「2009年の児童書100冊」に選定
http://gakken-ep.co.jp/news/200911/20091118.html