2015年2月27日金曜日

図書館でのカビ対策について(2)


以前に基礎的なことを調べたのですが、もう少し具体的な情報をいくつかさがしました。

■原因調査について

カビの再発を防ぐため、原因調査をした記録がありました。(1)

  • データロガー設置で温湿度調査
  • 送風状況確認(ポリプロピレンのひもを書架にはりつけ・デジタル風速計)
  • コンタクトプレートで除湿機がカビの発生源になっていないか確認
  • RCSサンプラーで書架・床のカビを調査
  • レーザー粉塵計、Air-O-cellサンプラーで書庫内の粉塵を調査

■予防・環境改善

  • 除湿機設置
  • 床や窓などのカビ発生状態も確認したうえで、除去・清掃
  • 扇風機などを使用し送風、湿気だまりをなくす
  • 空調が外気をとりこむタイプなら雨の日は運転を抑える
  • 窓を発泡スチロールで閉鎖
  • 清掃の委託(の検討)

■はえた場合の除去について

  • HEPAフィルター・ULPAフィルターつきの掃除機で吸い取る
  • 70-80%の消毒用エタノールで、キムワイプ等でふき取る
  • この際、いったん資料はすべて除けて棚板もふきとることが重要
  • 専門業者に対策を相談すること

東京文化財研究所では、作業の際、下3段のみと優先順位をつけて作業されたそうです。(1)
また、文部科学省図書館では、除去作業の前にまず、不要と思われる資料2000冊を選別し廃棄されたそうです。(2)
カビの除去作業といっても日ごろの通常業務の合間に行うため、いかに効率的に(再発を防ぐことも含め)対策をとることができるかが重要だと思いました。


<参考
(1)佐野千絵ほか. 図書資料のカビ対策:三康図書館の事例. 保存科学. 2002, 42, p. 87-100.
http://www.tobunken.go.jp/~ccr/pdf/42/pdf/04210.pdf

(2)松家久美. 特集, 大切な資料を守れ!-資料保存: 利用のための資料保存~カビ除去作業の外注について~. びぶろす. 2014, 66.
http://www.ndl.go.jp/jp/publication/biblos/2014/10/02.html

(3)伊藤もも. 特集, 大切な資料を守れ!-資料保存: カビ発生後の当館での書庫管理について. びぶろす. 2014, 66.
http://www.ndl.go.jp/jp/publication/biblos/2014/10/03.html

資料の参照日は2015.2.21です。

2015年2月22日日曜日

『石井桃子のことば』

石井桃子のことば (とんぼの本)
石井桃子のことば (とんぼの本)

編集者・翻訳者としてたくさんの児童文学を世に送られた石井さんの信念の伝わってくる言葉が、随所に引かれています。
松居直さん、中川李絵子さん、松岡亨子さんなど石井さんとかかわりの深かった方々の言葉からも、石井さんの児童文学への向き合い方やお人柄が浮かび上がってきました。

岩波少年文庫の立ち上げに関わられたり、家庭の一室を文庫にされたり、自主的に学校で読み聞かせを開始されたり、アメリカに留学して児童文学を研究してこられたり、そして多くの作品を翻訳されたりととにかくパワフルに、自分の信念を行動に移してこられた方なのだなということがわかりました。

戦時中も、本の収入で牛を買って酪農を始められるなど、人を巻き込んで引っ張っていく力のある方だったようです。

児童文学は大人の文学に見劣りするものではなく、簡潔におもしろく、それでいて子どもに普遍的な何かを残すように作られていないといけない、というような信念のもと、なおかつご本人が子どもの心を持ち続けて児童文学と向き合ってこられたことがよくわかりました。

自分は必要以上に逡巡しすぎるので、この行動力に学びたいなと思いました。
それに信念を貫くためにはほかのものをいろいろ犠牲にしたでしょうし、自分に足りないそういう覚悟についても考えさせられました。

「自分たちの幸福のために働くことも必要ですが、それこそ、図書館どころではない、飢えている人のいる国のためにも、日本の子どもが、人間らしい、他のしあわせをねがう人間になる下地を備えつつ育ってゆけるよう、努力するのが、いまの日本のおとなの責任だと思います。」 (p97. 初出は 「たいせつな児童図書館」『ひびや』1967)




2015年2月16日月曜日

『心の扉を開く』


河合隼雄さんが、4章にわけ、おすすめの本を心理学の視点から紹介されている本です。
本に文脈が与えられているので、脈絡なく羅列されているより、中で紹介されている本を読みたくなりました。

心の扉を開く
心の扉を開く


自分でコントロールできない気持ち・衝動についてとか、自分の中の世界と外の世界のバランスについて、恋愛について、宗教や自己実現ということについて、各章5冊ずつ(+補足的に5冊)の計40冊の本を用いて説明されています。

語り口調が親しみやすく、滑らかに読めすぎて、かえって読後に「これがわかった!」という感じではなかったのですが、長い時間をかけて考えていくと面白そうな内容です。

言葉にするのは難しいのですが、自分や身の回りにおきていることが、自分が把握しているよりもっと深い様々な出来事の関連でできているのだろうとか、普段はっきりとわけて考えてしまう分類の間に様々なものがあるとか、そういうイメージを持ちました。

学術書のようなものよりも、小説や児童文学・絵本など親しみやすいものが多く、今後手に取ってみたいと思いました。
文学というのは人間を描いていて、特に説明できないことにどう折り合いをつけるか・どう乗り越えるかが示されていて、心理学と近い存在なのだなと思いました。

2015年2月13日金曜日

スタンダードブックストアのイベントにいきました



2月10日(火)に下記のイベントに行きました。

『本で人をつなぐ まちライブラリーのつくりかた』刊行記念 礒井純充トークショー

本で人をつなぐ まちライブラリーのつくりかた
本で人をつなぐ まちライブラリーのつくりかた

まちライブラリーは名前や概要を見聞きしてはいたのですが、ちゃんと情報を得たことがなかったのと、この本屋さんに前から行ってみたかったので参加しました。

内容は、まちライブラリー提唱者の磯井さんをはじめとする四名の方のトークショーで、まちライブラリー発足までの経緯とともに、その裏にあるみなさんの思いを聴くことができました。

印象的だったのは、みなさんの、「オモロイ」を原動力にそれを実行に移すエネルギーでした。

まちライブラリーとは何ぞやということはむしろわかりませんでしたが、決まった様式はないこと、そして共通項は本を介して人がつながる「オモロイ」場所、ということがわかりました。

また本は、本を選ぶとか本の感想をいうという行為で「表現したい」という人の欲を昇華させてくれるもの、そしてまちライブラリーはそれを体現する場所であるという磯井さんのお話には納得させられました。

本を楽しむ、人とつながることを楽しむ、そういうことを大事にすることは従来やってきたことに加えて大学図書館でも取り入れていけるといいなと思いました。

また、イベント開催にあたりむやみに人を集めない(!)、それよりコンセプトをはっきりして続けて、本当にきたい人を待つ、というお話には勇気づけられました。

いろいろなまちライブラリーをぽつぽつ尋ねてみたいなと思います。


2015年2月9日月曜日

『こねこのハリー』

こねこのハリー (世界傑作絵本シリーズ)
こねこのハリー (世界傑作絵本シリーズ)

ひさびさに「これは!」と思った絵本です。図書館で出会って、即、てもとにほしくなりました。
てのひらにすっぽりおさまるサイズ、絵のやさしいタッチ、開く前からかわいさがあふれ出ているのですが、それだけではなくお話もまた絶妙です。

このこねこの何気ない言動本当にリアルで純粋でかわいくて、でもそれをあくまでフラットに描いているというか、甘さが抑えられていてそれが絶妙です!

他にも同じシリーズで3冊でていて、お話はどれもそのような子どもらしさ、かわいさにあふれていました。

まっててね ハリー (世界傑作絵本シリーズ)
まっててね ハリー (世界傑作絵本シリーズ)

ハリー びょういんにいく (世界傑作絵本シリーズ)
ハリー びょういんにいく (世界傑作絵本シリーズ)

ハリーのクリスマス (世界傑作絵本シリーズ)
ハリーのクリスマス (世界傑作絵本シリーズ)

大人が、子どものかわいさを再認識できて優しい気持ちになれる、すごく素敵な絵本だと思います。
子どもにとっては、どうかな?少し大きい子なら、共感できるかな~。

2015年2月8日日曜日

『ディープ・アクティブラーニング』 松下佳代編著

ディープ・アクティブラーニング: 大学授業を深化させるために
ディープ・アクティブラーニング: 大学授業を深化させるために


アクティブラーニングが一定の普及をみていますが、形式のみの導入が多いことへの反省と、それを乗り越えるための理論・手法が紹介されています。

日本では現在、身体的に能動的な学習(たとえば議論・発表など)が重視されるあまり、意欲・態度面での能動性という視点が欠落しがちだという指摘でした。

その反省を乗り越えるべく提唱されているのが本書のタイトルでもある「ディープ・アクティブラーニング」で、「深い学習」「深い理解」「深い関与」という視点から説明されています。
学習が「深く」行われる場合、学習者がその学習に何らかの意義を見出しており、そのため関与度が高くなり、その結果深い理解がもたらされるということです。

つまり、議論や発表等の行為だけではなく、学習者にとっての学習の意義づけや、その意義づけの結果深い学習がなされているかどうかの評価を、授業提供者が行うとより学習効果が高まるということです。
本書ではたとえば下記のような事例が挙げられていました。

  • 学生にコンセプトマップを作成させ、それをルーブリックで評価することにより学習が深く定着したかどうかをみる(第II部6章)
  • 授業の開始前に「学び始めシート」を記入させ、学習者の動機づけを行うとともに、3か月ごとにその自己評価を行わせる(第II部7章)

図書館が教育・学習支援を行うヒントになるかと思い読んだのですが、やはり授業設計自体は教員の方々の領域なので、図書館が担える範囲を明確にし、その範囲内で上記のような事柄を意識していかないとなと思いました。

またそれとは別に印象的だったのが、ホリスティックという視点です。それほど深くふれられてはいませんでしたが、効果的な学習をするためには、それ以外の悩みがないとか、心身ともに健康であることが必要だということです(と理解しました)。生活と学習はつながっているということで、図書館はそういう意味でも支援していけるのかなと思いました。