2015年3月16日月曜日

『あなのはなし』

あなのはなし
あなのはなし

本屋さんで偶然みつけました。
絵がちょこっと漫画チック?と思ったけど、チェコの昔話ってところと、訳者の方がまさきるりこさんだったので、買ってみる。

読み始め、お話がきゅうにはじまってひきこまれる。
なんといってもこのお話の主人公は「あな」。

靴下にあいたあながどんどん大きくなって独立してしまうなんて意味深い・・と思いながら読み進めてしまう。

お話は、あなが同行の仲間を見つける展開の繰り返しを経て、最後にはおおかみと「あな」が対峙する。
このおおかみ、最初からところどころであなたちを狙っている。

実際にあながあいているところはおまけみたいなもので、お話の面白さにひきつけられる1冊でした。

2015年3月8日日曜日

絵本を4年よんだら


最近になって絵本を本当に楽しめるようになった気がする。
今までも、きれいな絵や好きな絵にうっとりしたり、言葉のリズムやきれいさに浸ったり、ストーリーを楽しんだり感動したり、、楽しんではいた。

でも最近、絵本を読むということは、絵本に描かれていない部分をいかに思い浮かべるかなんだな・・ということがかなり実感されるようになった。

そのたぐいのことがいろんな本に書いてあったと思うのだけど、自分自身がそういう読み方をできていなかったんだと思う。
そのときは、「絵」「言葉」「物語(の筋)」は別々に存在していた。

先日ひさしぶりに、『しろくままちゃんのほっとけーき』をよんだら、以前と感じるものがぜんぜんちがった・・。

しろくまちゃん何回もエプロンかえたんだなとか、表紙に描かれてるたくさんのほっとけーきのうち半分ほどはどこにいったんだろうとか、しろくまちゃんがひとりでボールをかき混ぜてる間おかあさんはどこいったんだろう?フライパンあっためてるのかな?とか。

子どもが好きな絵本は何度も何度も読む、という感覚も最近わかってきた。自分も、何度も読みたい、何度もその世界にいきたいと思う絵本に最近よく出会うようになった。

こうなってみると、絵本を読むというのがいかに奥が深いかわかるし、子どもは絵本を楽しむ素質を持っていて、でもそれを伸ばすかどうかは周りの大人しだいということがわかる。読み手の頭の中にイメージがあるかどうかで、子どもに伝わるものが全然違うと松居直さんが本に書かれていた。(『絵本とは何か』

子どものとき、絵本でイメージの世界をひろげる経験がなかったら、字だけの本でイメージをひろげる段階にすすむことは難しいだろうなぁ。

2015年3月1日日曜日

『大学生のためのリサーチリテラシー入門: 研究のための8つの力』


大学生のためのリサーチリテラシー入門: 研究のための8つの力
大学生のためのリサーチリテラシー入門: 研究のための8つの力

この本は大学での学習に必要な8つのスキルが詳しく説明された本で、初年次向けではなく大学2・3年生向けに具体性をもって書かれた本であるところが特徴です。
(8つのスキル:「聞く力」「課題発見力」「情報収集力」「推報整理力」「読む力(読解力)」「書く力(執筆力)」「データ分析力」「プレゼンテーション力」)

まずはじめに、8つのスキルの習得に役立つ3つのキーワード(「メタ認知」「心の理論」「クリティカルシンキング」)が説明されてるところも他の類書とは異なるところだと思います。この3つは、大学での学習に限らず実生活や社会に出て働く際にも役立つだろうなと思いました。

8つのスキルについてはそれぞれ具体的に書かれており、特に「読む力」と「書く力」が表裏一体の関係にあることがよくわかりました。学術的文章を書くためにはその構造を知っている必要があり、また読む際にはその構造を前提にすれば読み解きやすく、また矛盾があれば気づけるということです。

他には情報の見つけ方だけでなく、それをどう選ぶかについても一定の知識が示されていました。

全体的に、具体的であることと、研究に必要な一連のスキルを網羅している点で大変役立つ本だと思いました。